​キ上の空論#12

​キ上の空論#14

「ピーチオンザビーチノーエスケープ」

「PINKの川でぬるい息」

R-18

ピーチピンク.jpg

藍澤慶子

​佐藤沙千帆

谷沢龍馬

​井上実莉

田中あやせ

​春山椋

小嶋直子

​仲井真徹

三浦真由

​斉藤マッチュ

難波なう

ピンクロゴ文字のみ@4x.png
ピンクロゴ文字のみ@4x.png

実話をモチーフに、狂気とエロスを描いたキ上の空論の最新作。

いっそ めいっぱい愛す・・

すし詰めのこのビーチで、藤谷ミキオとコスプレ女たちは

愛の熱気に包まれる。

 

『人間は歪(いびつ)が正しい・・』

アパートの一室。

壁や床はペンキで青く塗られていて、

誰が名付けたのかそこは《ビーチ》と呼ばれていた。

ビーチにはセーラー服姿の女や、ナース服やミニスカポリスなど、

安っぽいコスプレをした女たちがすし詰めになって生活している。

毎日夜になると藤谷ミキオがビーチにやってきてランダムに女を呼ぶ。

その日は「セーラー」が呼ばれた。

女たちに見守られる中、セーラーは服を脱ぎ、藤谷ミキオに被さる・・。

毎日行われるセックスが藤谷ミキオと女たちの“全て”だった・・。

日時@4x.png

作・演出

 中島庸介

シアターサンモール

美里朝希

宮島小百合

​山田梨佳

山谷ノ用心

ゆにば

広川碧

陽和ななみ

小日向雪

薫太

須田拓也

岩井七世

大垣友

中島庸介

小関舞

川原一馬

ロゴ文字のみ@4x.png
ロゴ文字のみ@4x.png

ユキは、『カンザキ』という名前の猫と暮らしていた。

両親とは仲が悪く、小説家の父が以前に仕事場で使っていたアパートを、

わがままを言って陣取り、そこに暮らしてもう11年経つ。

ユキは近所の喫茶店でバイトをしながら、

夜は風俗店でも働いていた。

 

昼夜で全く違う世界に身を置く自分を楽しんでいたユキだったが、

ある日、喫茶店にやってきたミーナ(女)に一目惚れをする。

風俗を辞め、ユキはミーナと付き合う事に。

やがて一緒に生活を始める。

ユキは、ベッドにぎゅっとなって、

みんな(猫と恋人)と眠るのが好きだった。

そんな時、外に遊びに出かけていたカンザキ(猫)が、

ゲロと一緒にロッカーの鍵を吐き出す。

ユキとミーナと、ミーナの元恋人・ベンジャミン(シャブ中の女)は、

鍵が合うロッカーを見つける為、街中を探し回る。

少しだけ刺激的な日々と、くだらない会話を繰り返すうちに、

不意にユキは、中学生の時に、

学校で飛び降り自殺をした「神崎君」の事を思い出す。

蘇る中学時代の記憶から“今の自分”に違和感を感じ出したユキは、

“中学時代”と向き合っていく。

私は神崎君(没年14歳)と、わりと仲良しだったなぁ・・・

「PINKの川でぬるい息」

藍澤慶子

末次純

マチネ公演アフターイベント出演

※イベント開催日時は下記公演日程をご参照ください。

須田拓也

​公演日程

※受付開始は開演の45分前、

​開場は30分前です。

「ピーチオンザビーチノーエスケープ」R-18

​P

​「PINKの川でぬるい息」

​〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

藍澤慶子、末次純 によるアフターイベントあり

​劇場

​シアターサンモール

〒160-0022

東京都新宿区新宿1丁目19-10サンモールクレストB1

地下鉄丸の内線 新宿御苑前駅 大木戸門方面出口より徒歩3分

チケット

全席指定席

​前売

※各回数量限定

当日

※各回数量限定

S席:7,500円

A席:6,500円

S席:8,000円

A席:7,000円

※「ピーチオンザビーチノーエスケープ」は、18才未満のお客様のご入場を

 お断りさせていただきます。受付で年齢確認をさせて頂く場合がございます。

​ 過激な表現を含みますのでご注意ください。

※全席指定席です。

 開演時間を過ぎますと、指定のお席にご案内できない可能性がございます。

​ あらかじめご了承くださいませ。

→カンフェティ公演ページへ

電話予約は〈カンフェティチケットセンター〉

​ 0120-240-540 へお電話ください。

チケットに関するお問い合わせは

スクリーンショット 2020-12-12 18.32.25.png

スタッフ

舞台監督: 本郷剛史

照明: 中佐真梨香(空間企画)、若原靖

音響: 谷井貞仁(ステージオフィス)、橘かおり

舞台美術: 愛知康子

音楽: 大垣友

衣装: 梶山ゆめ乃、渡辺実希

演出助手: 富田喜助、保坂麻美子(オフィス上の空)

制作: 吉田千尋、齋藤貴裕(LUCKUP)

宣伝美術: 樋口舞子

写真: 早川佳郎

ヘアメイク: astar

企画製作: オフィス上の空

​協力

 astar/アップフロントプロモーション

イトーカンパニー/キューブ

株式会社スタッフ・ワン/ステージオフィス

ハイエンド/株式会社YScompany

LUCKUP/ワタナベエンターテインメント

Ammo/刀屋壱

空間企画/第27班/天幕旅団

talk about anderson/ボクナリ/パップコーン

マチルダアパルトマン

幻の麗子X/丸福ボンバーズ

キ上ロゴ

2013年12月旗揚げ。

“オフィス上の空”代表・中島庸介の創作する為の場である。

言葉遊びや韻踏み、擬音の羅列や呼吸の強弱、近年では若者言葉や方言など。

会話から不意に生まれる特有のリズム〈音楽的言語〉を手法に

『ありそうでなさそうな日常』を綴る。

 

2018年に池袋・あうるすぽっとにて

町田慎吾と新垣里沙を主演に迎えた公演「みどり色の水泡にキス」が話題に。

2019年に小島梨里杏と藤原祐規で

「ひびのばら(東京芸術劇場シアターウエスト)」。

2020年にはシアタートラムで

「脳ミソぐちゃぐちゃの、あわわわーで、褐色の汁が垂れる。」を上演した。

 

現在、須賀健太を主演に迎えた無観客演劇配信

〈ワンショットドラマ企画〉は現在vimeoにて販売中。

“こころが奪われるようなエンタメと、

     生きてるうちに1度でも出会えるだろうか?”  

オフィス上の空は、

あなたにとって“たった1度”になるかもしれない作品の

製作・プロデュースを目指します。  

2017年6月1日設立。

エンタメ作品の製作・プロデュースを行う会社です。

公演​お問い合わせ

Twitter.png